釧路西ロータリー様よりビデオプロジェクターと大型スクリーンの寄贈

釧路西ロータリー様よりビデオプロジェクターと大型スクリーンの寄贈

DSCN5290.jpg
*11月6日に、釧路西ロータリークラブ様から、ビデオプロジェクターと大型スクリーンの寄贈がありました。

DSCN5349.jpg
DSCN5350.jpg
当日は早速、映像を利用しての中学生対象の国際ルール講習会が開かれました。

西ロータリー様には毎年1月に開催される「西ロータリー会長杯少年柔道大会」を開催いただき、年明け1月20日(土)には記念すべき第40回大会が行われます。(ウインドヒルくしろスーパーアリーナ多目的室)
この度は本当に有難うございました。


釧路柔道連盟は12月17日(日)に冬季「形」講習会を開催しましたが、降雪にも関わらず30名を超す参加者がありました。これまでの「形」で講習会では、指導者が実技を披露しながら、その都度技の掛け方を解説していく方法でしたが、今回初めて映像を使った解説と指導者による実技披露、技のポイント解説という方法に変更してみました。これは、本年11月に釧路西ロータリークラブ様からビデオプロジェクターと大型スクリーンのご寄贈があって実現したものです。

映像資料には、礼法はもとより、技の掛け方での陥りやすい過ちも含まれており、参加者の理解が深まるように配慮されたものでした。そのためか、実技指導に移っても参加者の理解が早く、スムーズに全過程を予定時間内に終了することができました。
DSCN5445.jpg
DSCN5447.jpg
冬季「形」講習会の実施

初めての試みでもあり、映像が参加者の理解にどの程度効果があるのか図り切れない点が心配されていたのですが、思いのほかの良い成果が得られて、指導陣も肩をなで下ろしていました。当連盟では、これからもご寄贈頂いた機材を使っての講習会、研修会等で積極的に利用していく方針です。

コメント

非公開コメント